Numericupdown validating

Cancel = true にすることで、他のコントロールへフォーカスが移動できなくなるのはこれまでに説明した通りです。 今回は、Validatingイベント後のフォーカス移動先が、[キャンセル]や[閉じる]ボタンの場合を考えてみます。 前回までに作成したプログラムで実験をしてみましょう。 1.データ1のテキストボックスに「hiros.net」と入力します。 2.[閉じる]ボタンをクリックします。 現在までのコードだと、データ1に不正な文字が入力されている場合は下図のようになり、当然画面を閉じることはできません。 画面を閉じたければ、エラーを修正するしか方法がありません。 上記の問題を解決するには、Validatingイベントを発生させたくないコントロールの Cause Validationプロパティに falseをセットする必要があります。 このように設定を行うと、データ1のテキストボックスに不正があったとしても、フォーカスが[閉じる]ボタンへ移動しても、Validatingイベントは発生しなくなり、エラーを修正しなくても画面を閉じることができるようになります。 次にフォーム右上の[X]ボタンはどうでしょうか。 これも、データ1のテキストボックスにエラーがある場合は、画面を閉じることができません。 この問題は、Validatingイベント内で Active Controlをチェックすることで回避することが可能です。 通常、Validatingイベントが発生した場合は、Active Controlプロパティはすでに次のコントロールになっています。 今回の例では、txt Data1のValidatingイベントが発生すると、Active Controlの値はtxt Data2となります。 しかし、[Esc]やフォーム右上の[X]ボタンがクリックされた場合には、Active Controlプロパティの値は txt Data1のままとなっているのです。 これを図にすると以下のようになります。 以上のことを利用すると、txt Data1のValidatingイベントの中で e. Active Controlがtxt Data1以外のとき の2つを満たしているときとなります。 コード例は以下の通りです。 VBの例 -1 And Also Active Control Is Not txt Data1 Then Message Box. Cancel = True 'txt Data1 にエラーアイコンとメッセージの表示をセット error Provider1.

Nagging the user by slapping her with message boxes doesn't make for the greatest user interface.

For example, here's the code for a custom spin box that allows the user to enter icon sizes (e.g., "32 x 32"): See also text, QSpin Box::prefix, and QSpin Box::suffix. Access functions: See also text From Value() and value From Text().

This property holds the base used to display the value of the spin box. This property holds the maximum value of the spin box.

I can type in a number that is outside of the allowable range (say 567) but when I click OK on the form to reset the value, it just silently sets the out of range value to 100 and closes the form.

Say that the range is from 0 to 100, and the current value (arrived at via the spinner) is 100.

Locking the focus results in bad user experience as one can not click "Cancel", can not fill other fields and go back to correct the wrong input etc.

The view would display red marks around the incorrect input but would not lock the user in the wrong control.

And the buttons triggering the command would usually go disabled.

See set Special Value Text() for how to do this with QSpin Box.

If using prefix(), suffix(), and special Value Text() don't provide enough control, you subclass QSpin Box and reimplement value From Text() and text From Value().

Search for numericupdown validating:

numericupdown validating-18numericupdown validating-17numericupdown validating-34

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

One thought on “numericupdown validating”